アジアの外資系の企業だったら、高度な英語力を求めないところがあります。外資系の転職のねらい目の一つです。

アジアの外資系へ転職

アジアの外資系へ転職
アジアの外資系へ転職

アジアの外資系へ転職

外資系の企業に転職するときに一番問題になるのは英語です。高度な英語力がなければ、外資系の会社に入ることができません。TOEICの点数では言えば、少なくとも600点台、できることなら700点以上の点数が求められます。TOEICで700点以上取るのは容易なことではありません。英語力にやや自信のない方はアジア系の企業を狙ってみましょう。アジア系の企業だったら、TOEICの点数が500点台でも構わないところがあります。500点台は限定的なコミュニケーションできる点数です。具体的に言えば、自分の意志を何とか伝えられる程度の英語力です。話し手の話の内容も5割から6割程度理解できます。もちろんTOEICの点数は高い方が好ましいのですが、いきなり高い点数を取るのは簡単ではありません。まず500点台の後半を狙って、それぐらいの点数を募集要項にあげているところを探してみましょう。

アジア系の企業で使われる言葉は英語がほとんどです。中国語や韓国語を求めるところもありますが、英語を重視しているところが多いです。点数のほかに大切なのは実務の経験です。英語力がある程度あっても実務の経験がない場合は、入社の時の試験で落とされることがあります。

オススメのサイト